HOME>Column>保険などの知識を持ち合わせている病院では欠かせない人材

保険などの知識を持ち合わせている病院では欠かせない人材

女性

多岐に渡る医療事務の仕事

医療事務は、特に若い女性や子育てをしている方に人気のあり、主に病院で活躍をされています。仕事内容としては、大まかにいうと受付や会計業務です。受付業務の仕事は、病院に来院した患者さんから保険証を預かり、初心であればカルテ作成のために、診察券の問診表に記入をしてもらったり、診察券の発行も行います。また、診療申込書を書いてもらった患者さんを適切な受診科への案内をしたりすることもあります。会計業務では、カルテと診療報酬点数表、患者さんが加入している医療保険に応じて請求する金額を計算して、診察料を支払ってもらいます。来院する患者さんは、身体に不調を抱えているので、気分が落ち込んでいたりイライラしていたりしますので、安心感や信頼感を与えられるよう、優しく笑顔で声かけをしたり細やかな気配りが必要となります。

受付

医療事務の現場では様々なスキルが求められます

男性も中にはいますが女性が中心として働ける人気が高い医療事務ですが、誰もがこの仕事に向いていることはないです。人には、いろんな性格や得意、不得意の分野がありますので、その方が持っているスキルにも差があります。医療事務として欠かせないスキルは、診療や薬剤に関しての医学的な知識です。医師や看護師が行う診療や処置の内容の他に、病気やケガ、処方される薬などの名前は最低限の知識を身に付けておくといいです。また、医療保険制度では、医療費に関して個人と国がどの程度の割合で負担をするかということです。医療保険制度を理解していないと、医療事務の仕事を理解していないことといっても過言ではないです。また、医療事務は患者と接する機会が多いことから、コミュニケーションスキルは身につけておくべきです。さらにPC作業が多くなりますので、最低限ワードやエクセル、パワーポイントのスキルは持っているといいです。